採用情報 / ADLのキャリア / トレーニング

あなたの「成長」を願ってやみません

「考え方」を学ぶ
ADLのトレーニングは、「実際のコンサルティング、さらに言えば、常に新しい課題への対峙が求められる第一線のビジネスの現場で役立つ」ことを大きな目的としています。

この目的の実現のために、トレーニング・プログラムの主眼は、コンサルタントの最も重要な付加価値である「考え方」の習得を重視したものとなっています。

たとえば、プレゼンテーション・トレーニングのような「スキル系」のトレーニングにおいても、「発声」「表情」「ボディ・ランゲッジ」など通り一遍の「技術」を学ぶだけでなく、コミュニケーションの根底にある重要な「考え方」や「哲学」を押さえながら、本質的なトレーニングを実施しています。

「学び」を「実践」する
しかしながら、「考え方」は、トレーニングだけで決してマスターできるものではありません。「考え方」は「実践」を通して、自分の心の奥で腹に落としていくことで、初めて応用の利く自分の武器となります。

ADLのトレーニングは、トレーニング後の「実践」の場で、気づき、自分のモノとなっていくエッセンスを散りばめたプログラムとなっています。

たとえば、ファイナンス・トレーニングにおいても、ただの財務分析技術の習得を超えて、経営戦略への意味合いなど、よりハイレベルな学びを得られる内容となっています。

そして、あなたは「成長」する
ADLは、あなたの「成長」を願ってやみません。あなたの成長は、我々ADLの成長そのものである、と信じているからです。ただし、「トレーニング」だけで、すぐにコンサルティングの場で貢献できるような「成長」はできません。

「実践」があってこその「成長」です。したがって、ADLでは、「トレーニング」という枠組みだけでなく、「実践」までも視野にいれた、より大きな視点からトレーニングがプログラムされています。

あなたの「成長」を大きな目的とし、「トレーニング」から「実践」まで一貫したプログラムを通して、「実際のコンサルティングに役立つ」力が身につく環境を提供する、これがADLのトレーニングに対する一貫した考え方です。